飛行機の持ち込みは大丈夫?荷物がかさばることを心配すれば良いだけ

飛行機の持ち込みは大丈夫?荷物がかさばることを心配すれば良いだけ

ヘンプ由来の成分が入っているからと不安視して利用しようとはしない人もまだまだいますが、その効果効能ゆえに日ごろから使っているという人も増えてきました。

良さが分かれば手放せなくなり旅行先や出張先にも持っていきたくなるもの、ただ車や電車を使うのであればCBD製品の分の荷物がかさばることを心配すれば良いだけです。

でも飛行機だとこれを持っているせいで足止めを食らったらどうしようという不安が出てくるのです。

基本的に、国内線であればCBD製品を機内に持ち込むことで問題が発生することは無いでしょう。

ただし持ち込み可の液体容量には制限有り、CBDオイルも液体に分類されます。

短期間の旅行ならともかくしばらく滞在するというのであれば、大量に持っていくよりも現地で取り寄せるというやり方を考えた方が良さそうです。航空会社によっても細かな規定は違ってきます。

国際線も事前確認をしておくという点では同じ、国よりCBDに対しての規制は異なっているので「ほぼ可能」といった言い方も出来ません。

ちなみにアメリカだと、許可されている部類のCBDオイルならば持ち込み可とされています。

可否の判断を行うのはTSA・アメリカ合衆国運輸保安庁という機関です。航空警備の一端を担うお仕事をしており、もしも規制に引っかかるような製品を所持しているなら再検査調査で足止めを食らうこととなるでしょう。

最悪、逮捕されてしまう可能性だってあります。

現在、医療用のヘンプとTHC含有量が0.3パーセント以下の製品・FDA承認のCBD医薬品の3点のみが持ち込み許可されています。

リスクを減らしたいなら初めから諦めておいた方が無難だったりします。

ストレスを軽減するためのCBD、でもそれを持っていることで極度の緊張を強いられるのなら意味がないからです。

時代の変化に合わせても法律はどんどん改正されますし、アメリカだと州ごとの規制もあるのです。

調べるなら自身が向かう州の情報も併せて調べておくこと、英語で書かれていますが翻訳機能を用いることである程度は内容も把握できるでしょう。

長期滞在なら、あらかじめネットで購入して行き先に直送しておくという方法もあり、これなら荷物に入れる必要がないのです。

国内線はともかく国際線で海外に行くときにも同じくCBD製品を欠かすことなく使い続けたいと思うのなら、多少は面倒さを受け入れるしかなさそうです。

液体爆弾がテロに使用されることもあり、警戒されているのです。