危険性・中毒や副作用が気になる方へ

CBD(カンナビジオール)の危険性は?

CBDオイルはあなたの健康に良いと言われていますが、私は大麻成分であるCBDとCBDオイルの危険性とそれらの成分を調査しました。

CBDは大麻の成分であるため、中毒や副作用が懸念される声があり、CBDについても体に説明します。

●CBDとは何ですか?

CBDの正式名称はカンナビジオールです。

ヘンプに含まれる栄養素はカンナビノイドと名前がついています。

数百種類以上の栄養素が確認されており、健康増進に大きな影響を与えると言われています。

実験により、栄養素の1種であるCBDには、健康増進効果やカラダのバランスを整える効果など、多くのプラスの効果があることが示され、示唆されており、この効果が注目されています。

その結果、CBD製品は現在さまざまなタイプで入手可能であり、すぐに入手できます。

●ヘンプとどう違うのですか?

ヘンプを聞くとき、多くの人々はそれをマリファナと関連付けます。ヘンプサティバと呼ばれる一般的な大麻植物には、多くのカンナビノイドが含まれており、そのうちの1つがCBDです。

CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)は、ヘンプ植物に含まれる成分です。

ヘンプの主成分はカンナビノイド(THC)と呼ばれ、気分を高め、気分を高めるという心理的効果があります。

しかし、CBD(カンナビジオール)はそれほど高い心理的効果はありません。

したがって、ヘンプの主成分であるTHCと比較して、CBDは脳神経に大きな影響を与えるとは考えられていません。

それどころか、多くの実験は、それが痛みを和らげ、不安を改善し、そして様々な病気を治療するのに効果的であることを示しました。

●CBDへの依存はありますか?

ヘンプの主成分であるTHCを摂取すると、脳は刺激を快楽として認識するため、脳の構造からその快楽が欲しいと感じる傾向があります。

結果として、それは中毒と中毒につながる可能性があります。

しかし、CBDはそのような脳内報酬システムに関連していることがわかっておらず、依存症や依存症を引き起こさないと言われています。

●CBDの危険性や副作用はありますか?

CBDは脳神経に大きな影響を与えず、依存症や依存症の症状がなく、健康増進効果、THC依存症の症状を緩和すると言われています。

また、痛みを和らげ、さまざまな病気を治療するのに効果的であることが知られており、比較的安全に使用することができます。

ただし、完全にリスクや副作用がないわけではありません。

軽度の副作用が報告されており、めまい、倦怠感、激しい眠気、下痢、食欲と体重の変化などがあります。

嚥下は体に重大な悪影響を与える可能性があることも示唆されており、特に肝臓で代謝される薬を服用する場合は注意が必要です。

●まとめ

基本的に、心身の健康や痛みの緩和に効果があることが確認されており、安全性も確認されています。

したがって、ヘンプの主成分であるTHCとは異なり、脳神経に影響を与えないため、同じヘンプ成分であっても、CBDは規制の対象ではなく、日本でCBDオイルを購入または摂取しても、原則として、違法ではありません。

それでも、副作用や体への悪影響のリスクがないわけではないので、CBDを服用するときは投与量と投与に従うことが重要です。

CBDオイルの使用などの副作用があり、副作用がある場合は、使用を中止するか、量を減らして、予期しない大きな影響を回避してください。