違法性について・茎から抽出されたものだけなので何の問題もない

違法性は?・茎から抽出されたものだけなので何の問題もない

最近話題のCBDオイルを知っているでしょうか。

CBDオイルを利用する前に、まず安全性や違法性を確認しましょう。

結論からいうと、CBDオイルは麻由来のものですが合法です。

なぜなら、麻でも合法の成分だけを使っているからです。

麻由来のものでもどこから抽出されているかによって、合法か違法かが違います。

花と葉から抽出されたものは日本で違法とされていますが、茎から抽出されたものだけを使っているCBDオイルは何の問題もありません。

ですから、依存性や危険性の心配がなく安心して利用できます。

ですが、日本での生産は合法ではありません。生産できるのは、限られた免許を取得している人だけです。

これは日本の場合で、アメリカやヨーロッパ、イギリスなどでは生産が認められています。

もしかしたら、日本の規制も見直されるかもしれません。

ですから、今販売されているCBDオイルに日本製はありません。

日本製と書かれていても、日本で全ての工程をしたわけではないので注意が必要です。

日本では商品の最終工程だけ日本で製造すれば、日本製と書くことが認められています。

ですから、日本製と書かれていても、パッケージ化したり瓶詰めしたりする工程しかされていない場合があります。

そのため、日本製だからといって安心してはいけません。

どんな成分が含まれているかしっかり確認してから購入を考えましょう。

CBDオイルの購入方法は、店舗で購入するか、ネット通販で購入するか、個人輸入して購入するかの3つのです。

しかし、店舗の購入は難しいでしょう。

日本でCBDオイルを販売している店舗は非常に少ないです。

近所の店舗で販売されていたらいいですが、そんな都合のいい話は滅多にありません。

個人での輸入も手間がかかるので大変です。

そうなると、ネット通販で購入するのが1番でしょう。

安全なCBDオイルを購入するためには、正規輸入の代理店を利用するべきです。

利用する時の手数料などは高くなってしまいますが、安全性が高いです。

販売されているCBDオイルは、先進国の海外メーカーが製造しています。

医療用なども認められているメーカーが製造しているなら信頼できます。

CBDオイルはできるだけ質の高いものを選ぶことが大切です。

安さだけで選ぶと後悔することになるかもしれないので気をつけましょう。

それだけではなく、用法用量を守ることも大切です。

CBDオイルを利用する時は、注意事項をしっかり確認しましょう。