CBDリキッドに偽物のリスクは?安心安全な製品を買うには

CBDリキッドに偽物のリスクは?安心安全な製品を買うには

今話題となっているCBDオイル、実は偽物も多く出回っているのです。

CBDと銘打っているけれど入っているのはごくわずかでほとんどが違う成分というものもあり、それだとCBDゆえの健康や美容への効果効能が得られるわけもありません。

更にやっかいなのがCBDオイルの抽出方法や選ばれている部位により、日本の法律に違反する場合もあるということです。

CBDは大麻由来の成分、ヘンプと言えば幻聴や幻覚といった危険な症状をもたらすのでもちろん日本では禁止されているのですが正規のCBDオイルならば使用したとしても問題ありません。

なぜならこれらの症状はTHC・テトラヒドロカンナビノール由来、この成分が入っていない以上は危険はなく規制はされていないのです。

成熟したヘンプ草の茎と種子からのみ抽出されたCBDであれば100パーセントCBDのみ、でも世界的に見ると葉や花穂から抽出されていたり成熟を待たずして作られた製品も多数あり、普通に出回っています。

そのことに気が付かず、人気のCBD製品があったと購入したらその時点でアウトです。

使用はもちろん、所持や譲渡さえも法律違反になるため逮捕されたくなければ偽物を掴まされないよう注意して選ぶべきです。

個人輸入で手に入れた場合、日本の法律に面倒を見てはもらえず何らかのトラブルが起こっても自己責任です。

安心安全な製品を買うにはどうすればよいのか、個人からの購入はとにかくリスクが高いと思っておくべきです。

正式な販売許可を得た正規輸入代理店・正規輸入販売店を選ぶのが最も安全です。

これらの業者であれば、厚生労働省や税関と正式な手続きを行いそのうえで国内へと入れているのです。

これらの機関を通過する間に細かく調べられます。

開封しての検査も行われるようで、中身とパッケージの記載が異なるといった事態も避けられるます。

素人が個人的に調べようと思ってもなかなか難しいもの、悪徳業者の手口も巧妙化しており本物を知っている人でさえよく見比べてようやく違いが分かるような実物うり二つの製品を作り上げていたりします。

金銭面や精神的リスクに加えて健康面にも悪影響を与えるかもしれないし最悪逮捕される危険性さえあるCBD製品の偽物、消費者として賢く買い物が出来るかどうかが試される時です。

人気の製品だからと軽い気持ちで買ってみようかと考える方は、手を出すべきではなさそうです。 もちろん正規の品を選べば、良い効果が得られます。

CBDリキッドの吸いすぎは大丈夫?毒性は極めて低い

CBDリキッドの吸いすぎは大丈夫?

CBDとは、カンナビノイドと呼ばれる成分の一種で、植物の大麻によって生成されます。

大麻由来とはいえ、CBDは気分の高揚や幻覚などのような症状を引き起こす成分ではありません。

CBDの安全性や効能は、WHOにおいても報告されています。

CBD製品はアメリカ・ヨーロッパを中心に販売されており、その効果は医療、美容、健康とった幅広い分野で期待されています。

アメリカでは難病性のてんかん治療薬として「エピディオレックス」が、大麻由来の成分を利用した医薬品としては初めて国の認可を得て処方されています。

現在、世界各国で臨床試験や研究によって、CBDが人体に対してどのように作用しどのような効果、効能が得られるのかを明らかにしようとしています。

CBDの特徴として効果の幅広さと、植物由来であるための副作用の少なさがあり、その効果がとても注目されています。

CBDには非常に多くの効果が期待されており、例として抗不安、抗菌、抗酸化作用、抗炎症作用などがあります。

以上に挙げたものでもほんの一部であり、これら以外にも実際に研究によって実証されている効果があります。

ただし、これらのうち多くはまだ十分に根拠があるとは言えず、これからの研究によってCBDの効果として認められることが期待されている状況です。

CBDの安全性はWHOの調査でも認められており、CBDの毒性は極めて低いことを示す研究もあります。

古い研究ですが1981年の研究を根拠にすれば、一日におけるCBDの平均的な摂取量の何百倍もの量を摂取することによって、やっと過剰摂取になると考えられます。

体重75?のAさんの場合、生命の危険にかかわる影響が出る可能性があるのは、数値上は短期間にCBDを約18,750?摂取した時です。

意図的に過剰な量のCBDを摂取しなければ、これほどの量を摂取することはありえないといっても良いでしょう。

CBDの副作用としては、疲労感、眠気、下痢、食欲減退、口内乾燥、血圧低下などが報告されています。

しかしこれらの副作用も、効果の体感と同様に個人差があると言われています。

医療目的などで多量の高濃度のCBDを摂取することで、副作用が出やすいといわれており、また、CBDの効果、効能が多岐にわたるため、良い効果といわれているものを副作用と感じてしまう人もいるようです。

たとえば、眠気や倦怠感、疲労感の原因が抗ストレス、リラックス効果である場合があるということです。